矯正治療は治療開始から治療後まできっちりと行うことが大切です。治療の流れは以下のようになります。

矯正相談

現在の状態や治療の流れ、料金、期間などを、1時間ほどお時間をいただきしっかり説明していきます。

検査

目で見ただけではわからない骨のバランスや歯の大きさを知るために、レントゲン写真や口腔内写真、歯型を取っていきます。検査には1時間ほどお時間をいただきます。
レントゲンには、通常撮影するパノラマX線写真(お口全体が写る写真)のほかに、矯正で必要な特殊なセファログラム(頭部エックス線規格写真)や、顎関節のレントゲン写真を用います。
こちらはすべて当院で撮影が可能ですが、これ以外にCTやMRIといった特殊な撮影が必要な場合は専門機関をご紹介させていただきます。

診断

検査結果と治療方針をお話ししながら、具体的に装置などを決めていきます。1時間ほどかかります。

治療

子どもの歯が生えている時期に行うⅠ期治療と、全て大人の歯に生え変わった後のⅡ期治療があります。それぞれに使う装置が変わってきます。だいたい月に1度来院して頂き、1回の治療時間が30〜60分になります。場合によっては長くなることもあります。また、治療期間は、Ⅱ期治療では2〜3年が目安です。Ⅰ期治療は開始時や状態などで大きく変わりますので、相談や診断時に詳しくお話しさせていただきます。

観察

Ⅰ期治療を終了、もしくは中断し大人の歯の生え変わりを観察していく期間です。3〜6ヶ月に1度来院していただき、1回の診療は30〜60分です。必要があれば再度治療を進めていくこともあります。この後Ⅱ期治療になるか、このまま終了するかはお口の中の状態によって変わってきます。

保定

Ⅰ期治療もしくはⅡ期治療が終了し、動かした歯が安定するようお口の状態を維持していく期間になります。装置を使う場合と使わない場合があります。だいたい3〜6ヶ月おきに通院していただき、1回の診療時間は30〜60分になります。保定の期間は治療した期間によって変わりますので、詳しくは診断時にお話しさせていただきます。