矯正治療は治療開始時期により、治療方法が異なります。ご自身にとっていつ始めるのが 一番良いタイミングかをご相談ください。

保定

Ⅰ期治療


成長期での治療になります。 そのため顎の成長の力や生え変わりのタイミングを上手く利用し、顎の骨の大きなズレをなおしたりや歯の生える場所を作ってあげることが出来ます。

 

Ⅱ期治療

Ⅱ期治療


全部永久歯に生え変わってからの治療です。 ガタガタや八重歯など、歯の位置のずれをなおしていきます。 主に、よく見るボタンの装置 (ブラケット)を使って治療をしていきます。歯を抜かないといけないこともあります。 このような裏側の装置を使うこともできます。 透明な取り外しの装置での治療も行っています。

 

保定

保定


矯正治療によって動かした歯は元の位置に戻ろうとします。(これを後戻りと言います。) 後戻りしないように、矯正治療によって動かした歯を安定させることを保定といいます。取り外しができる装置や歯に直接つける装置でキレイになった歯の位置を維持していきます。