日本人に一番多い叢生(ガタガタさん)の治療例を紹介します。

Ⅱ期治療

叢生_初診時

↑治療を始めるときの写真です。ちょっと出っ歯でガタガタの歯並びです。
ガタガタが強く、顎の中に歯が入りきりませんでしたので歯を抜いて治療を行うことになりました。

叢生_ブラケット①

↑まず初めに、前歯が入る隙間を作るために横の歯を動かしました。
このように、はじめは部分的にブラケットをつけて調整することがあります。

叢生_ブラケット②

↑隙間ができたので、前歯にブラケットをつけました。

叢生_ブラケット③

↑ガタガタがだいぶ良くなってきました。
歯を抜いた隙間を使って、前歯を後ろに引っ込めています。
また、かみ合わせの調整も同時に行っています。

叢生_終了時

↑治療終了時です。出っ歯でガタガタだった歯がきれいに並びました。

 

叢生_治療経過

↑治療経過です。このように、症例によっては歯を抜いてなおすほうがきれいになることもあります。